Informationお知らせ

家族写真物語17〜写真館で撮影した家族の写真の思い出〜

マタニティフォトの思い出

これから、私が写真館で取った今までの家族の写真の思い出をいくつかご紹介していきたいと思います。30年前の写真から、これからとる予定の写真まで、家族のエピソードと十にお伝えします。

今からちょうど1年前、私は写真館でマタニティフォトを取りました。近くの写真館でマタニティフォトの撮影料が無料というサービスを行っていて、当時5歳と2歳だった、長女と次女にも、無料で衣装を貸していただけるということだったので、3人(とお腹の中に1人)で写真館に出かけました。平日で夫は仕事だったため、女3人でドレスを着てワクワクしながら撮影しました。選んだドレスに身を包み、娘たちは大喜びでした。両側から娘たちが私のお腹に手をかざし、おなかの赤ちゃんを守るようなポーズでにっこりと笑い、撮りました。お腹の赤ちゃんが生まれてくるのを楽しみにしている二人の表情がとても気に入り、キーホルダーを作ってもらいました。そして、そのキーホルダーは、出産の時の入院バッグにつけて、病院へ持っていきました。陣痛がつらい時にも、赤ちゃんが生まれる期待感たっぷりの娘たちの笑顔が励みになりました。「待っててね、もうすぐ会えるよ!」と心の中で、笑顔の写真の娘たちに声をかけることで、パワーが出ました。何よりも、安産のお守りになった気がします。今は、無事に出産でき、キーホルダーは、自宅の玄関にかけて飾っています。いつも私に元気をくれる、お守り代わりのキーホルダーです

家族写真は子どもの大事な成長記録

子供が生まれると、お宮参り、1歳誕生日、七五三などの行事ごとに写真館で家族写真を撮るようになりました。撮った写真は台紙に貼ってもらったり写真立てに仕上げてもらったりして、リビングや玄関に飾っています。長女のお宮参り、1歳誕生日、次女のお宮参り、長女の七五三、次女の1歳誕生日、長男のお宮参り、そして今度は次女の七五三です。どの写真を見ても、その時の記憶が、昨日のことのようによみがえります。娘たちは、1歳誕生日から、ドレスにとても喜んでいました。キラキラとしたアクセサリーやドレスを身にまとうだけで、お姫様になった気分になれるようで、自然と仕草もおしとやかになり、可愛らしくて夫と一緒に見つめていました。長女の七五三の時も、ディズニープリンセスのドレスが着られるということで大興奮の娘の笑顔が忘れられません。仕度が終わって更衣室から出てきた時には、ちょっとはにかんだ笑顔でした。衣装は一瞬でプリンセスになれる魔法のようです。写真もとても良い笑顔で撮ることができました。

子供たちの成長は本当に早く、あっという間に赤ちゃんから幼児に、そして児童に成長していってしまいます。写真館で撮ったたくさんの写真は、子供たちの成長の大事な記録として、我が家の宝物です。どの行事の時にも、それぞれ忘れられない思い出があります。これからも、七五三や長男の誕生日など、まだまだ行事が続くので、一つ一つの大切な時間を写真に収めていきたいです。

家族写真は両親への感謝を再認識させてくれる

子どもの行事の度に写真館で撮った家族写真は、家のリビングや玄関に飾って楽しんでいますが、焼き増しして、両家の両親にも贈りました。孫の成長をいつも温かく見守り、育児を支えてくれる両親に、感謝の気持ちを表したく、プレゼントしました。自分たちも大事に育ててもらってきたからこそ、子どものいる家庭を持ちたいと思うようになり、思い通りになることばかりではない育児にも、全力を注げるのだと思います。両親も、「大事にするね」と言って、リビングの目立つ場所に飾ってくれました。お互い忙しいと、両親にはいつでも会えるわけではないけれど、写真を見て、孫たちのことを思い出して、元気に過ごしてくれたらいいなと思います。そして、私たちの感謝の気持ちも同時に伝わっていると良いと思います。写真を撮るたびに家族の歴史ができていくようで、とても感慨深いです。

 

家族の40年間の思い出

両親への感謝の気持ちとして、両家の両親に写真を送りましたが、私の方の両親はその後亡くなってしまいました。孫たちの成長を見届けることができないまま、病気で亡くなりました。私たちは、まだまだずっと、一緒に過ごしていたかったという気持ちです。両親が亡くなった後、実家を整理するために、業者に入ってもらうことになったのですが、その時に貴重品や写真は持ち出すことになりました。私たち兄弟は、それぞれ自分の成人式の写真や卒業アルバムなどを見つけて持ち帰りました。業者の方は、親切丁寧で、作業中に、家族が出しそびれた大事なものが奥から出てきた場合には、すぐに処分せずに、要る物かどうかの確認をしてくれました。案の定、作業中に、収納棚の奥から、「写真」と書かれた段ボールが出てきました。開けてみると、そこには、父と母の結婚写真、私たち兄弟のお宮参りの写真や七五三の写真など、写真館で撮った古い家族写真が出てきたのです。両親を亡くした直後でもあり、その家族写真を手に取った時には、涙があふれてしまいました。両親の40年近く前の写真は、思っていたよりもきれいな状態で保存されていて、当時の初々しい二人の姿を見るのは新鮮な気持ちでした。私たち兄弟のお宮参りや七五三の写真も、兄弟で集まった時に一緒に見て、「可愛かったね~」「うわぁ、懐かしいなぁ」などと話して盛り上がりました。みんな、やはり目に少し涙を浮かべていました。今、私たち兄弟はそれぞれ結婚してバラバラに暮らしていますが、40年前からの家族の歴史に触れて、懐かしさと切なさと、感謝と、色々な感情が沸き上がってきたせいだと思います。両親を失った悲しみを共有し、一緒に育った温かい家庭の在りし日の姿に想いを馳せました。大人になってからも仲の良い兄弟です。そんな兄弟に育ててくれたのは両親であり、その両親への感謝の気持ちが、家族写真を見る度に溢れてきました。今は、写真の台紙の汚れなどを拭いて綺麗にし、自宅へ持って帰っています。写真を自宅に持ち帰った後は、大事に箱に入れてしまってありますが、また家族で集まる時に見たり、いつか自分の子供たちにも見せてあげたりしたいと思います。

これからの家族写真

今年は、実家の整理をして、40年前からの家族写真を眺める機会がありました。そして自宅には子供たちの成長と共に写真館で撮った写真が増えていきます。今年は七五三の写真を撮る予定です。今年はたくさんの家族写真を眺めながら、家族の歴史が繰り返されていくことを感じました。両親の結婚、私たち兄弟の誕生、自分の結婚、子供たちの誕生と成長、どの瞬間も、写真に収められて綺麗に保管されています。きっと、これからも、自分の子供たちが大きくなって、成人式を迎えたり、結婚したり、孫が生まれたり、大事なライフイベントがあることでしょう。その度に、写真館で家族写真を撮るつもりです。写真には、大事な家族の、その時その時を鮮明に残してくれる、そんな役割があると思います。未來は分からないことだらけではありますが、きっと、これまでずっと、温かい家族写真を撮ってきたように、これからも幸せな写真がたくさん撮れるのではないかと思います。家族が増えるたび、私たちの笑顔も大きくなっていきます。これからも、家族で過ごす時間を大切にし、思い出の家族写真を写真館で撮影し、増やしていきたいです

 

家族写真・ペットと家族写真撮影は福岡市フォトスタジオ原田写真館Since1969 (香椎参道通り)

原田写真館 福岡市東区香椎1-12-6
家族写真HP http://family-haradaphoto.com

(ペットと)家族写真 フォトギャラリー
http://family-haradaphoto.com/gallery/

 

原田写真館 オフィシャルサイト
https://www.harada1969.com