Celebration長寿のお祝いに家族写真を!

  • HOME
  • 長寿のお祝いに家族写真を!
 

長寿祝いの種類

長寿を祝う節目の年齢には、還暦や古希・喜寿などの名称があります。本来は数え年で祝いますが、現在では満年齢でお祝いを行うことが多くなってきています。ただし、還暦だけは数え年で61才、満年齢60歳でお祝いします

還暦….61歳 (満60歳) 生まれた年の干支に還ることから、「還暦」と呼ばれるようになりました 赤いちゃんちゃんこの風習があり、赤が長寿祝いの色とされてます
古希(古稀)….70歳 中国の唐時代の詩人、杜甫の詩の一節である「人生七十古来稀なり」に由来しています 現代では還暦よりも本格的な長寿のお祝いと考えられているようです。 紫が長寿祝いの色とされています
喜寿….77歳 「喜」という字の草書体が七を3つ重ねたカタチになり、七十七と読めることに由来しています。 紫が長寿祝いの色とされています
傘寿….80歳 「傘」の略字が八と十を重ね合わせた形になり、八十と読める事に由来しています。 黄色(金茶)が長寿祝いの色とされています
米寿….88歳 「米」の字をくずすと八十八と読めることに由来しています。 黄色(金茶)が長寿祝いの色とされています
卒寿….90歳 「卒」の略字である「枠」が九十と読める事に由来しています。 白が長寿の色とされています
白寿….99歳 百から一を引くと「白」となる事に由来しています。 白が長寿祝いの色とされています
紀寿または百寿….100歳 100年が一世紀ということから紀寿、また100歳であることから百寿と呼ばれています。 白が長寿祝いの色とされています